2009年10月06日

ウエッジ 表面処理

最近はだいぶ減ってきましたが、

一時期いわゆるノーメッキのウエッジがはやりました。

多くのプロもメッキのかかっていないものを使っていますが、

これはソールをその場で削って調整するためです。

言い換えればアマチュアには何のメリットも無い仕上げです。

逆にデメリットも多く、一番の問題はすぐに錆びる事だと思います。

黒染めやガンブルーなど酸化皮膜に覆われていればすこしはましですが、

本当に何もしていないものは、びっくりするほど錆びます。

ちなみにこんな感じです。

RIMG0595.jpg


これは市販のものではなく、フェースに”T”マークがあり、

バリもあちこちに残っていたものなんですが、

酷い錆に隠れて全く分かりません。

RIMG0596.jpg


今日は休みなので、これからゆっくりきれいにしてみたいと思います。





当ブログのオンラインストアにも、
練習に役立つグッズをご用意しています。
まだ作成中ですが、順次アイテムも増やしていきたいと思っています。

”G O L F +  S T O R E”
http://astore.amazon.co.jp/golfplanet-22






posted by 小杉山 at 14:28| Comment(0) | ゴルフクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。